“日本人風”の中国人役者が中国で偽物フライパンを通信販売、5億円近く売り上げてしまう…

“日本人風”男性が中国で偽物フライパンを通信販売

▼記事によると…

・「伊藤家四代目家主」として、日本語で伝統的な鉄鍋を紹介する日本人風の男性

・実は中国人の役者で、商品も中国の工場で作られている偽物だった

・フライパンは一つ2万円ほどと高価ですが、「一生に一つだけのことをする」といった「匠」の理念がうけ、ネット通販で5億円近くを売り上げたとみられている

・現在、上海市当局が商品を差し押さえ、調査中

3/18(木) 16:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfb18026f56498e67175635875e09b73e6dea3f2

twitterの反応

ネット上のコメント

かおでわかんないの?

結局、人を騙したり、自分勝手な行動をする人間が得をするの世界なんですわ。

中も韓もなんやねん!

逆に中国に本物のフライパン持ってけば5億売り上げれるのか……

韓国人だけではなく中国人も日本人に成り済ましか。

日本人から見たらおかしな日本語ですぐわかるけどね。

買う方も普通に山田工業所で買えよ

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認