辺真一氏『日本人が忘れてしまった震災時の韓国人の「がんばれ、日本!」の「親日」エール』

日本人が忘れてしまった震災時の韓国人の「がんばれ、日本!」の「親日」エール #あれから私は

▼記事によると…

辺真一 | ジャーナリスト・コリア・レポート編集長

・東北を中心に東日本一帯で発生した地震は世界地震史上最大規模と言われていた。当然のごとく、被災状況やそれに伴う死者、行方不明者の数は想像を絶した。まさに悪夢だった。

 日本を見舞ったこの未曽有の災難、不幸は世界中に伝わり、台湾、米国をはじめ世界各国から次々と同情と励ましの声が寄せられ、救援隊も続々と派遣された。

 韓国も例外ではなかった。第一陣は5人と数こそ少なかったものの真っ先に緊急救助隊を送り、救助犬を使って、安否不明者の救助を行っていた。そして2日後には新たに102人から成る救援隊が空軍のC-130で被災地の仙台に到着し、本格的に救助、救援活動に乗り出していた。

 韓国国内での日本への支援活動や募金運動もかつてないほど活発だった。李明博大統領自身も駐韓日本大使簡を弔問し、哀悼とお見舞いを述べた。韓国の大統領としては、前例のないことだった。

 韓国メディアは全般的に、歴史問題や領土問題を抱える日本に対して批判的な論調の報道が多いが、この時は保守系、進歩系を問わず日本支援一色に染まっていた。被害の様子や被災者の姿を連日詳細に伝えるとともに、読者に義援金まで呼び掛けていた。

 韓国紙に載った社説や見出しは日本人が驚くほど日本への愛情をストレートに表現していた。

3/11(木) 13:52
https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20210311-00226938/

参考画像

twitterの反応

ネット上のコメント

集まった義援金を独島は我が領土運動に流用したり、日本に渡す際にしっかり見返りを要求したのは覚えてる。

中にはエールを送ってくれた方もいるだろう。だが一番受け入れられないのは、支援、応援してやったのに…という恩着せがましいこの思考。気持ち悪過ぎる。

お互いに助け合えるようになれたらいいな。少しずつ少しずつでも。

この事実と、これまでの物乞い外交は別物なんだけど、この事実を知らなかった自分は、その時日本にエールを送ってくれた全ての韓国人に経緯を表します!

それは忘れてしまっていた申し訳ない。でも日本大使館の隣に津波のオブジェを作ってくれたのは覚えてる

それを恩のお仕着せって言うんだよ。まるで見返りを求めて支援したみたいじゃないか。無私で支援し祈ってくれた韓国の方々への冒涜だぞ。

そういう人がいた可能性自体は否定しないが、お祝いしますの画像の印象強いよね。そもそもそんな親日ムーブしたら逮捕案件ではって思ってしまう。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認