東日本大震災から10年… 中国・趙立堅報道官「中国と日本は一衣帯水の友好的な隣国であり、困難な時に助け合いながら共に乗り越える素晴らしい伝統を持っている」

中日は助け合って難関を共に乗り越える伝統がある=外交部

▼記事によると…

・東日本大震災の発生から10年を迎えた中、外交部の趙立堅報道官は12日の定例記者会見で、「日本政府や各界の共同努力の下、被災地が一日も早く再建を終えて、復興を果たすことを望む」と期待を寄せました。

・趙報道官
「自然による大災害は情け容赦ないものだが、われわれ人類は思いやりを持っている。中国と日本は一衣帯水の友好的な隣国であり、困難な時に助け合いながら共に乗り越える素晴らしい伝統を持っている」

「2011年の大震災発生以降、中国政府と人民は日本側に出来る限りの支持と援助を提供した。忘れられないこととして、2008年の四川大地震が発生してから、日本政府と国民も中国側に貴重な支援を提供してくれた。突如発生した新型コロナウイルス感染症に対して、中日両国は助け合い、『山川異域・風月同天(山川域を異にすれども、風月は天を同じとす)』という新時代の美談を残し、優れた伝統を生き生きと再現した」

2021年3月12日(金) 21時26分
https://www.recordchina.co.jp/b873411-s12-c100-d0000.html

twitterの反応

ネット上のコメント

日本は震災が多い上に隣に中韓があって、ホント不幸。

いやなこった!

領土問題で因縁をふっかけているのに?

お前らのどこにそんな伝統があるんだよ(笑)

助け合いで油断させて侵略していくが本音。

そんなもん無いです 初めて聞いたぞそんな伝統(; 'ω' )

そんな伝統は無い。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認