台湾生まれのパイナップル品種、中国で無断栽培… 法改正で対応へ

台湾生まれのパイナップル品種、中国に流出 法改正で対応へ

▼記事によると…

・台湾生まれのパイナップル「台農17号」(金鑽パイナップル)が中国で無断栽培されている。行政院(内閣)農業委員会は台湾で開発された品種の中国流出を防ごうと、法改正を検討する方針を明らかにした。

同委は9日、台湾育成品種の保護に関する記者会見を開き、品種や技術の流出について説明した。同委の陳駿季副主任委員によれば、両岸(台湾と中国)の交流が活発化した1987年以降、パイナップル4種、バンレイシ1種、茶7種の中国への流出が確認されている。マンゴーやレンブ、インドナツメなどの品種も中国に持ち出され、栽培されているとみられている。

・陳氏は台湾も日本に追随し、法改正を検討する方針だと述べた。

3/10(水) 15:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/50e2de8944cbeb6146d850a95de0b6b603b09f03

twitterの反応

ネット上のコメント

日本でも似たような話を聞いたことがあります。なぜか法改正に反対する人達がいましたが…

中国産のパインを台湾産と偽って日本に売ってくるぞー。まあ、味ですぐわかるけどな

何処までも下劣な奴等だ!(怒)

そのうち本当に中国産の台湾パイナップルが入って来そう、、、

私は中国産の果物は、一切買わないし食べません。

台湾も同じ被害にあってるのね… 盗作農産物に対して国際的枠組みが必要よね。

日本でも対策を強化すべきです

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認