ドイツのサッカーレポーター、日本を「寿司の国」とコメント → 「差別だ!」とSNSで炎上し降板 → 日本人「これって差別発言なの?…」

「寿司の国」解説者の発言が炎上し降板、ハノーファーDF室屋成が人種差別騒動に巻き込まれる

▼記事によると…

・ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成が思わぬトラブルに巻き込まれることとなってしまった。

・FC東京からハノーファーへと今シーズン移籍した室屋。

・室屋はレギュラーポジションを獲得しているが、6日に行われたブンデスリーガ2部第24節のエルツゲビルゲ・アウエ戦で思わぬ騒動に巻き込まれた。

・この試合をレポートしていたドイツ『スカイ』のヨルグ・ダールマン氏(62)の発言が物議を醸した。

・ダールマン氏は室屋の決定機逸に対し、「それはハノーファーでの初ゴールになっていただろう。彼は最後のゴールを寿司の国で挙げていた」とコメントしていた。

問題となったのは日本のことを「寿司の国」と発言したこと。この発言がSNS上で問題となり「人種差別は耐えられない」、「嫌なやつ」、「スカイ、あなたたちは動かなければいけない」などと、人種差別に当たる発言だとして大きな反発を受けていた。

この反応を受けたダールマン氏はインスタグラムで反撃。「日本を寿司の国と呼んだら、それは本当に人種差別なのだろうか?真面目に捉えていないよな?」と投稿。しかし、この反応がより多くの反感を買うこととなってしまった。

・クラブは問題視していなかったが、中継を担当する局としてはやはり無視することはできないファンの反発。ダールマン氏はシーズン終了後に降板することが決定してしまった。

3/8(月) 20:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e8e4316e6b07ee95344a62cf8f868331aa6490b

室屋成


室屋 成は、大阪府泉南郡熊取町出身のサッカー選手。ポジションは、ディフェンダー。ハノーファー96所属。明治大学政治経済学部卒業。日本代表。
生年月日: 1994年4月5日 (年齢 26歳)
出生地: 大阪府 熊取町
身長: 176 cm
体重: 70 kg
学歴: 明治大学
所属チーム: ハノーファー96 (#21 / ディフェンダー)、 サッカー日本代表 (#3 / ディフェンダー)、 Japan
室屋成 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

はい、寿司の国ですが、何か??

寿司の国はなんとも思わないけど、スシボンバーのセンスにはついていけない

別に差別だなんておもわねーよ

ブルガリアといったらヨーグルトの国だと思っちゃうし、英国やドイツやオランダは料理がいまいちな国だという評判はよく聞くけどね。

これって差別発言なの?高原のスシボンバーも似たようなものじゃん。言われたほうが不快でなけばいいと思う、何でも差別につなげる論調が怖い。

パスタの国とか駄目なん?キウイが美味しい国とかも?差別って何?

どこら辺が差別的な発言なのかが分からない、、多くの日本人は差別発言と捉える事は無いと思う。ちょっと世界的に過剰になりすぎてる感がある。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認