政府・与党、困窮世帯への給付金検討へ

困窮世帯への給付金検討へ 政府・与党、追加経済対策4月取りまとめ 

▼記事によると…

・政府・与党が令和3年度予算案の成立後、追加の経済対策の策定を検討していることが28日、分かった。

具体策としては、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令で収入が落ち込んだ困窮世帯の支援や中小企業の資金繰り支援などが浮上。

3月下旬の予算案成立前から検討に着手し、新年度早々にも取りまとめたい方針だ。

・困窮世帯への支援策としては、コロナ禍で失業したり、収入が大きく減ったりした人に絞った給付金などを想定。ひとり親世帯や住民税非課税世帯も対象に加えるべきだとの声もある。一方、経営が厳しい中小企業の資金繰り支援では、コロナ対応の無利子・無担保融資の返済を当面猶予することも検討する方向だ。

2/28(日) 19:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd0e46524d2f57fd2cb91d438968255ced928da0
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

新着記事

twitterの反応

ネット上のコメント

対象は一人親、減給世帯…非課税世帯。非課税世帯ってそんなにある?これぢゃ困ってる大半の人には行き渡らないよね。一律でいいぢゃん…消費税、自動車税、固定資産税を削減したらいいのに。

また前回と同じ流れになってる・・どうせ公明党が間に入る流れでしょ・・

ひとり親世帯や全ての住民税非課税世帯にもお願いします。

給付されない人はコロナ復興税払わないといけないのでマイナスだけ。。一律給付でいいと思う

あっこれまた中間層殺されるやつ

あ、これだと多分対象外だ。色々あって厳しいのに。

片親とか生活保護とか既に手当うけててギリギリで働いてる人は何も無い。なんか、色々おかしくない?

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認