米国防総省・報道官、尖閣諸島の主権に関する日本の立場を支持するとした発言「修正したい。誤りであり、混乱を招いた」

米、「尖閣」発言を修正 主権めぐる立場に変化なし

▼記事によると…

・米国防総省のカービー報道官は26日、沖縄県・尖閣諸島の主権に関する日本の立場を支持するとした先日の自身の発言について、「修正したい。尖閣諸島の主権をめぐる米政府の方針に変わりはない」と述べた。

カービー氏は国防総省で記者会見し、先日の発言は「誤りであり、混乱を招いた」と謝罪した。その上で「日米安全保障条約第5条に基づく、尖閣諸島を含む日本の防衛に対する米国の関与は揺るぎない」と強調した。

2021年02月27日07時23分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022700296

関連記事

twitterの反応

ネット上のコメント

一発かまして反応を見て修正 変わらない立場は関わらないという事

あ~あ、やっぱり修正してきたか。鼠凶大好き、戦争大好きバイデンだからな。これで、尖閣諸島に人柱が立つのか。最悪だな・・・(-_-;)

やはりダメなのか・・・

言葉遊びもいい加減にしろ。どのみち米国はグレーゾーン事態以降は日本と共同・協同する気は鼻からないだろ

ほらほら、アメリカに頼ってると 梯子 外されるでー。 自分の国は自分で守る、政治家も国民も覚悟を持て。

小さい。小さいなあ米帝。んん〜小さい。

そうだよなぁ、民主党がそこまで踏み込む訳無いよなぁ_(┐「ε:)_

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認