【ロンドンの地下鉄】バンクシー作品、清掃員が気付かず消す…

バンクシー作品 清掃員が気付かず消す ロンドンの地下鉄車内

▼記事によると…

・鋭い社会風刺画で知られる覆面アーティスト、バンクシーがロンドンの地下鉄の車内に描いた新たな作品が、交通局によって、すでに消されていたことがわかりました。

覆面アーティスト、バンクシーは14日、ロンドンの地下鉄の車内に描いた新たな作品をみずからのインスタグラムで公開していましたが、ロンドンの交通局はこれを数日前にすでに消していたことを明らかにしました。

ロンドンの地下鉄では落書きが厳しく禁じられていて、イギリスメディアは交通局の清掃員がバンクシーの作品だとは気付かないまま消したと伝えています。

2020年7月16日 20時44分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200716/k10012519421000.html

動画を見る

バンクシー プロフィール


バンクシーは、英国を拠点とする匿名のアーティスト、政治活動家、映画監督。彼の風刺ストリートアートと破壊的なエピグラムは、独特のステンシル技法で実行された落書きとダークユーモアを組み合わせたものである。 彼の政治および社会批評の作品は、世界各地のストリート、壁、および都市の橋梁に残されている。
バンクシー - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

まぁ人々には十分知れ渡ったしいいんじゃないの、落書きだし

「これはアートだからいいけど、落書きはしちゃダメ」なんて変な事言い出すつもりですか?許可なければ全部落書きですよ。

清掃員がちゃんと仕事をした。それだけの話です。お仕事ご苦労様でした。

落書きされたら消すのは当たり前。バンクシーが悪い。wwww

落書きだから消そうよ

落書きを消す費用と、損害賠償請求されても文句は言えないよ。

落書きはダメ。バンクシーさん、アホな人たちが真似するので、書く場所を考えてね。

 FBページが変更になります。こちらから『いいね!』をお願いします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認