「手足に鎖の生徒」「集団レイプ」… 女性たちが証言する中国の収容施設の内側

「手足に鎖の生徒」と「集団レイプ」、女性たちが証言する中国の収容施設の内側

▼記事によると…

・中国政府が運営する新疆ウイグル自治区の収容施設に教師として着任した1日目、ケリビナル・シディクさんは兵士2人が若いウイグル族の女性1人を担架にのせて建物の外へ運び出すのを見た。

「女性の顔には生気が全くなかった。頬の色は失われ、呼吸もしていなかった」と証言するシディクさんは、元小学校教師。やむを得ない事情により数カ月間、新彊の収容施設2カ所で中国語を教えたという。2017年のことだった。

施設に勤務していた女性警官はこの後、運ばれた女性が出血多量で死亡したと告げたが、その原因は明らかにしなかった。この一件を皮切りに、女性警官はいくつもの話をシディクさんに聞かせることになる。3カ月間教師として働いたその施設は厳重な警備が敷かれた建物で、女性のための収容所だった。

(略)

2021.02.20 Sat posted at 18:00 JST
https://www.cnn.co.jp/world/35166769.html

関連記事
[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

読んでいたら、涙が出てきた… 本当に酷い… 酷過ぎる(涙)… そして、怖い… 北京冬季五輪は開催地を変更すべきだ。そして、東京五輪への中共招待についても反対だ。

ウイグル人ジェノサイドの実態は、私が調査研究してきた文化大革命中の内モンゴル自治区での組織的性犯罪と同じ。中国による他民族虐殺はずっと続いていた。日本は他国と共に、制裁すべき。

記者の皆さんは早く日本の「朝鮮人慰安婦問題の専門家」「フェミニスト」たちに、この問題について意見を聞いてみてよ。逃げるだろうな

報道と共に、各国政府に行動するよう声明を

北京オリンピックどこではない この件で、森氏の発言に噛みついていた連中の対応が見もの

中国の国家による組織的虐殺や国家犯罪が暴かれていく。ナチスを超える日が近い。

北京で冬季五輪を開催しちゃダメでしょ。これは女性蔑視どころの騒ぎじゃない。アスリートの皆さんのことを考えて、別の場所での開催がいいと思います。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします