競馬関係者、新型コロナ対策の持続化給付金を不正受給した疑い 税理士が指南

競馬関係者が不正受給か 「報酬減」とコロナ給付金

▼記事によると…

・日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く多数の調教助手や厩務員らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑い

・担当馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬がコロナの影響で減少したとして申請していたが、日本調教師会は「中央競馬の中止はなく影響はほぼなかった」と返還を求めている。

・昨年の実施レース回数は過去最多だった。

・大阪市の男性税理士が指南していた。

・「受給者は100人以上」と証言する調教助手もおり、総額1億円以上になる可能性もある。

2021年2月17日 6時1分
https://news.livedoor.com/article/detail/19708667/

関連記事

twitterの反応

ネット上のコメント

どんどん捕まえろよ。

こんなニュースばっかりもう嫌だ……。

この件、指南した税理士は分かっててやってると思うから、しっかり追及した方が良いと思う

泥棒は牢屋に入らなくてはなりませんよ。

特殊詐欺犯「皆でやれば怖くない

中央開催も雲行き怪しくなってきたな

JRAのトレーニングセンターで働く調教助手など競馬関係者がコロナ給付金を不正受給していたとのことだが、逮捕ではなく返還を求めるだけというのは非常に甘い。もっと厳しい調教が必要なのでは?

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします