橋下徹氏、25歳長女のタトゥー容認「時代かな」 大阪市長時代は調査を行い全面禁止

橋下徹氏、25歳長女の「タトゥー」容認? 「時代かな」 大阪市長時代は全面禁止

▼記事によると…

・元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が15日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演

・25歳の長女からタトゥーを入れたいと相談されていることを明かした

・「僕のこと分かっているから今のところ踏みとどまっているんだけど、世の中の状況からすれば、入れ墨とヤクザが昔は結びついていた時代が今はそうじゃなくなってきているので」と告白

・長女はイラストレーターで、「タトゥーを入れる技術を磨いていきたい」「飼い犬のパグの顔をタトゥーとして入れたい」と話しているという

・「“そういう文化だから”と言う論法は今の25歳くらいには通用しないんですよ。理屈を言っていかないといけない。そこは時代の流れによって“自由任せる。職業もイラストレーターだから自由にせえ”と」と話したという

・橋下氏の大阪市長時代には職員の入れ墨調査を行い、全面禁止としていた

2021年2月15日 17:56
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/15/kiji/20210215s00041000313000c.html

新着記事

twitterの反応

ネット上のコメント

当時、強制調査して、調査拒否した職員や「既に」刺青・タトゥーを入れていた職員への処遇にも影響があったはずなのに。

成人なんだし自由にしたら良いかと。でも日本で社会生活していくにはデメリットが多いと思います。

職員には厳しい癖に娘には大甘かよ。ふざけんじゃねえぜこの二重スタンダードが!!!!

この人はこういう人だよ 私は最初から知っていたが、報道見てやはりな、と思った

結局、他人に厳しく冷淡で、身内に甘いだけ。

うちは家訓として禁止したい。タバコとタトゥーと他人の保証人になることを禁止する

橋下が大阪市職員の刺青を調べる検査をした時のニュースを飯屋で聞いてた。若い子らがテレビに毒づいてた。教員を調べても一人しかいなかったと記憶している。嫌がらせに過ぎなかった。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認