「ビジネス関係者」の実態… 11月から今年1月21日までの間に入国した外国人12万8625人 → 技能実習生5万人、留学生3万人

例外的に入国が認められた「ビジネス関係者」は誰なのか? - 出井康博 (ジャーナリスト)

▼記事によると…

・11月から今年1月21日までの間に入国した外国人は12万8625人だった。国籍で最も多いのが4万9106人のベトナム人、続いて中国人が3万9620人である。新聞などは緩和措置の対象は「中韓など11カ国・地域」だと表現していたが、実際にはベトナムと中国からの入国が7割に上っていたわけだ。

在留資格別に見ると、技能実習生が5万5754人、留学生が3万8565人で、合わせて全体の7割以上を占めている。「ビジネス関係者」の実態は、実習生や留学生であることがわかる。

2021年02月15日 07:29
https://news.livedoor.com/topics/detail/19697872/

新着記事

twitterの反応

ネット上のコメント

技能実習生五万人の所を日本人がすれば五万人の失業者が減るわけで・・・

緊急事態宣言しておいて何やってんだか

実習生と留学生を引いた残りはなんなの?

留学生技能実習生制度は、不法移民を増やすだけです。早く廃止して下さい。

この国は狂っていると思う時があります。

2階の裏口からイラッシャイマセってかww

政府が日本を壊したいんだろう。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認