「私が妨げになってはいけない」森喜朗氏、組織委会長を辞任

森喜朗氏「私が妨げになってはいけない」 組織委会長を辞任

▼記事によると…

・東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任する意向を表明した森喜朗氏(83)は12日、「大事なことは五輪をきちんと7月に開催するということ。五輪を開催するための準備に、私がいることが妨げになってはいけない」と理由を説明した。

・森氏は合同懇談会で東京五輪をめぐる活動を振り返った後、「五輪を開催する強い方針で準備を進める中で、会長である私が余計なことを申し上げた。私はそういう(女性蔑視という)意図で言ったわけではないが、意図的な報道があったと思うが、女性蔑視といわれた。一言でこうなったことは私の不注意もあったかもしれないが、長い83年の歴史で情けないことだなと思っている」と述べた。

2021.2.12 15:30
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/210212/tko2102120012-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連記事
[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

男らしい。もったいないな。

森会長ありがとうございます。世の中がおかしくなっています。とても情けない気持ちです。

とても残念でお気持ちを思うと悔しくてたまりません。私以上にきっと悔しいですよね。わかる人はちゃんとわかってます。

森会長、何も余計なこと言っていません。辞任は残念です。本当にありがとうございました。

森喜朗元総理 お疲れさまでした ありがとうございましたた伝えたい

無念です。ありがとうございました。

お疲れ様です。お身体お大事に。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします