【新型コロナ】厚労省、「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に変更

コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

▼記事によると…

・新型コロナウイルス感染症対策を検討する厚生労働省の「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)が14日、開かれた。

・会議では22日から始まる消費喚起策「Go Toキャンペーン」については議論しなかったが、脇田座長は「ただちに地方への移動を止める必要があるとは考えていない」と話した。

いわゆる「夜の街」という呼称をやめ、「社交飲食店」を使うことを決めた。

2020年7月14日 20時38分
https://mainichi.jp/articles/20200714/k00/00m/040/243000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

脇田隆字 プロフィール


脇田 隆字は、日本の医師、医学者。学位は医学博士。国立感染症研究所所長。 東京都臨床医学総合研究所主任研究員、東京都神経科学総合研究所主任研究員、国立感染症研究所ウイルス第二部部長、国立感染症研究所副所長などを歴任した。
生年月日:1958年 (年齢 62歳)
脇田隆字 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

やっと呼称変わった。遅いよ。

呼び方変わっても内容変わらんし意味無い。

とりあえず、一部の人の声を取り上げて、考えてくれたことに関しては、いいんじゃない?

余計にわかりずらくしてどーする。

呼称を変えたとて意識を変えてかなければ変わらないでしょに

言い換え遊びはもう飽きた

そろそろ満員電車についてはどうかと問いたい。

 FBページが変更になります。こちらから『いいね!』をお願いします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事