病院で“あごマスク”注意された男性(68)、医師に暴行し全治1週間のけがを負わせる

病院で“あごマスク”注意され医師に暴行の疑い 男逮捕 岡山

▼記事によると…

・先月25日、68歳の男が検査で訪れた岡山市内の総合病院で、とおりがかった男性医師からマスクを正しくつけるよう注意されたことに腹を立て、医師の胸倉をつかむなどの暴行を加えて全治1週間のけがを負わせたということです。

警察の調べによりますと、男はマスクをあごの辺りにつけて口元が見える状態で、医師の注意に対して「うるさい」などと答えて再び注意されたため暴行に及んだということで、傷害の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは岡山市北区の無職、清水辰生容疑者(68)で、調べに対し「マスクのことで口論になったが暴力はふるっていない」と容疑を否認しているということです。

2021年2月1日 12時37分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210201/k10012843321000.html

関連記事
[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

こんな人でも医療従事者は手を差し出さないとならないなんて・・・

ぜひ実刑で

アゴマスク。まったく効果ありません。

「口論になったが暴力はふるってない」「刃物で刺したが、殺すつもりは無かった」捕まるとみんな言うよな

怒りの沸点が低い…。

みんなイライラしてる…

爺さん暴れ率高い

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認