緊急事態中にクラブ… 公明党・遠山清彦議員が辞職願を提出

公明の遠山議員、辞職願を提出 緊急事態中にクラブへ

▼記事によると…

・公明党の遠山清彦衆院議員(比例九州ブロック)は1日、議員辞職願を大島理森衆院議長あてに秘書を通じて提出した。緊急事態宣言下の深夜に東京・銀座のクラブを訪れたことが批判を浴び、1月29日に党幹事長代理を辞任していた。

 遠山氏は、自らが代表を務める資金管理団体からキャバクラやスナック4軒での飲食代計約11万円を支出していたことも判明。総務省に政治資金収支報告書の修正を届け出ていた。

2021年2月1日 10時42分
https://www.asahi.com/articles/ASP2136CXP21UTFK003.html>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

遠山清彦


遠山 清彦は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員。公明党中央幹事、党離島振興対策本部長、党神奈川県本部代表代行。 参議院議員、外務大臣政務官、参議院法務委員長、衆議院総務委員長、財務副大臣などを歴任した。
生年月日: 1969年6月5日 (年齢 51歳)
出生地: 千葉県 千葉市
学歴: 創価高等学校、 ブラッドフォード大学
遠山清彦 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

離党じゃなくて辞職したのはえらいと思う。他にも辞めるべき奴ら沢山おるからな

自民党追い詰められる(笑)

そう、スパッと 政治家辞めたのは評価する反省しなさい。

ほな、さいなら。以上。

次の選挙後を見据えて国民に潔さを見せとく作戦かと。

婦人部は激おこではなかろうか。
引用ツイート

どっかの比例当選なのに離党して議員にしがみつく立憲民主党のアホ議員に比べたら潔いですね。

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認