ビートたけしさん、緊急事態宣言下の生活に「国がやるよりも、個人がどう生きるかを自分なりに判断できないとダメだろ」

ビートたけし、コロナ時代の一番ダメな行動を指摘 「まさにそれ」と賛同の声

▼記事によると…

・24日放送の『ビートたけしのTVタックル』で、ビートたけしがコロナ時代を生きる人々の生活について持論を展開。1月8日に発令された緊急事態宣言下の生活について、たけしは「解除してもしなくても、しょうがないだろ」と話し、阿川佐和子が「は?」と言って笑う。

・真剣な表情のたけしは「俺なんかは結局、緊急事態宣言の前から、自分の行動は自分で規制してるし、緊急事態宣言があったからって、行動は変わってない」と続けた。

・「若い人も、多分初めのうちは飲み屋行って、飲み屋が(自粛)やったから、あまり行かなくなったねってぐらいで、結局はそんな変わってないよね」と現状を分析。

・「国がやるよりも、個人がこの今のコロナ禍っていう時代をどう生きるかを、自分なりに判断できないとダメだろ。『緊急事態宣言なくなりました、さあみんなで飲みに行くぞ』みたいなのが、一番ダメだろ」と話した。

・この指摘に「そう思う。緊急事態宣言だから外に出てはダメ、解除したら遊ぶという意識ではコロナは終わらない」「鋭いことを言っている。本当にそう思う」「自分で行動できる人とできない人が露骨に現れている。他人任せな人間は確かにダメ」など賛同の声が。

・一方で「国任せな人間がいるからこそ緊急事態宣言が必要」「個人はともかく企業は宣言が出ていないとテレワークすら認めないところもある」「自制できる人間より、できない人間のほうが多い。宣言は自制に一定の効果はあると思う」という指摘も。

2021/01/24 15:20
https://news.nicovideo.jp/watch/nw8838721

関連記事

twitterの反応

ネット上のコメント

彼の意見自体は正しい。しかし、基準をしっかり示して、判断の材料を「不安なく」備えるのが行政の役割。それができていない。そもそも「個人個人がー」というところで、感染症における行政の無能さを示しているとしか思えない。

それ「コロナ感染拡大を政治の責任にしてはいけない」と同義で、政府に文句(批判)言ってる奴全員に対し「自分で考えろ馬鹿」って言ってる事になるんだよなぁ

個人レベルでは正しくそうなんだけど、会社レベルになると宣言出るのと出ないのとでは対応が違うってのが問題だわなあ。

一人一人がちゃんと気を付けて行動してれば0とは言わなくても最初からここまで感染は広がらないんだわ、それが出来ない人があまりにも多いから緊急事態宣言が必要なの、世の中全員まともな人間なら法律だって存在しなかっただろうよ。

いつも心にセルフ緊急事態宣言を

まぁいつ終わるか分からない自粛だしな。アウトドアの人にはキツイものがあるんやろね

皆馬鹿じゃない。自身の行動について、大抵の人はたけしと同じように考えている筈だ。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認