【Go To】公明・山口代表「国と都が言い合う状況ではない」

コロナ感染「国と都が言い合う状況ではない」公明 山口代表

▼記事によると…

・東京都内での新型コロナウイルスの感染状況をめぐって、公明党の山口代表は、「『国のせいだ』、『都の問題だ』と言い合っている状況ではない」と苦言を呈しました。一方、政府の「Go Toキャンペーン」について、「感染が心配だからやめるのは過度な対応だ」と述べました。

2020年7月14日 14時48分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200714/k10012514891000.html

山口那津男 プロフィール


山口 那津男は、日本の政治家、弁護士。公明党所属の参議院議員、公明党代表。 衆議院議員、防衛政務次官、新進党副幹事長、公明党参議院国会対策委員長、公明党政務調査会長などを歴任した。
生年月日:1952年7月12日 (年齢 68歳)
山口那津男 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

それで山口さんはどうしろと言ってるのか?

無症状の陽性者が全国に展開して感染が蔓延するより、地元で宿泊して消費するようなキャンペーンが今の日本に必要。高齢者の命を守るために。

公明党の代表は相変わらず傍観者のようなコメント。与党の代表として自覚が足りない。

止めるべきは不要不急の人の移動だろう。喧嘩スンナとか、そういう機能のブレーキは求めてない。

国が仕掛けているようなので、政府にしっかり注意してね!

久しぶりにお顔拝見した気が致しますね こーめーとーの山口さん そちらも与党ですよね? お願いですから、しっかりやって下さい

「感染が心配だからキャンペーンをやめる」ことのどこが過度なんよ? この状態で行けと言う方がどうかしてるだろ。

 FBページが変更になります。こちらから『いいね!』をお願いします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認