『二重国籍が認められないのは憲法に違反する!』→ 東京地裁、 “憲法に違反しない”と判断

東京地裁 二重国籍認めず 憲法に違反しないと判断

▼記事によると…

・日本では国籍法で、外国の国籍をみずからの希望で取得すると日本国籍を失うと規定し、複数の国籍を持ち続けることを認めていません。

スイスやリヒテンシュタインに住み、現地の国籍を取得して日本国籍を失った6人は、二重国籍が認められないのは憲法に違反するとして、国に対して日本国籍があることの確認を求め、裁判では二重国籍を認めない規定が憲法に違反するかが初めて争われました。

判決で東京地方裁判所の森英明裁判長は「憲法は国籍を離脱する自由は定めているものの、国籍を持ち続ける権利については何も定めていない。国籍法の規定は二重国籍の発生をできるだけ防ぎながら、国籍を変更する自由も保障していて、立法目的は合理的だ」と指摘しました。

そのうえで国籍法の規定は憲法に違反しないと判断し、訴えを退けました。

2021年1月21日 17時28分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210121/k10012825871000.html

関連記事

twitterの反応

ネット上のコメント

当たり前なんですけど

当たり前です

蓮舫さんが真っ先に浮かびました

あーっと立憲の議員に対する悪口はそこまでだ

当然の結果です。おや?今にも騒ぎそうな議員さんが居ますね?

あたり前田の…

当然の判決。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認