【GoToキャンペーン】赤羽国交相「参加事業者に感染対策義務づける」

Go Toキャンペーン「参加事業者に感染対策義務づけ」国交相

▼記事によると…

・今月22日から始まる政府の消費喚起策「Go Toキャンペーン」をめぐっては、青森県むつ市の宮下市長が「キャンペーンによって感染拡大に歯止めがかからなければ、政府による人災だ」と述べるなど、感染拡大を懸念する声があがっている。

・これについて、赤羽国土交通大臣は、閣議のあとの記者会見で、「感染が拡大する中、事業の進め方について、さまざまな心配や懸念の声も寄せられており、参加する事業者と旅行者の双方が、互いに着実な感染拡大防止策を講じることが求められている。安全安心を第一に、対策をしっかりと行っていきたい」と述べた。

・旅行・宿泊事業者に対し、感染対策について参加条件を満たすよう義務づけることとし、今週中にも詳しい条件を示す考え。

2020年7月14日 12時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200714/k10012514531000.html

赤羽一嘉 プロフィール


赤羽 一嘉は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員、国土交通大臣 、水循環政策担当大臣。
生年月日:1958年5月7日 (年齢 62歳)
赤羽一嘉 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

義務もなにも初めからしてるのでは?

具体的にどこまで対策すれば良いのだろう。

Gotoキャンペーン利用した旅行者が陽性で地方でクラスター化というニュースが出てくるのが目に見えてるのに、なんでやるの?

岩手県、東京からの旅行者受け入れるわけない。身内でも里帰りできんのに。

旅行代金が安くなるなら行く人もいるのかね。例え安くても移動中や旅行先で心が休まらないだろうに。

集団感染が起きたら、個別の旅館や飲食店の責任にするつもりか。風評でそれこそ潰れるぞ。

このキャンペーンを実施するのは、まだ早過ぎると思う。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認