コロナ重篤患者に日本で開発の薬投与で死亡率減! イギリスの大学グループが公表

コロナ重篤患者 日本で開発の薬投与で死亡率低下 英で研究成果

▼記事によると…

・新型コロナウイルスで重篤となった患者に、日本で開発された関節リウマチの治療薬を投与することで、死亡率が下がったなどとする研究成果を、イギリスの大学などのグループが公表しました。

これはイギリスの大学「インペリアル・カレッジ・ロンドン」などのグループが公表したものです。

グループでは、集中治療室で人工呼吸器をつけている重症の患者およそ800人を対象に、関節リウマチの薬「アクテムラ=一般名・トシリズマブ」や同じ仕組みの「サリルマブ」という薬を投与して効果を調べました。

その結果「アクテムラ」などを使わなかった患者およそ400人では死亡率が35.8%だったのに対し「アクテムラ」を投与したおよそ350人は死亡率が28%と7ポイント余り低くなっていました。

「サリルマブ」についても同様の効果がみられたということです。

また、いずれの薬でも、集中治療を受ける期間が10日ほど短くなったということです。

2021年1月11日 4時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210111/k10012807741000.html

関連記事

twitterの反応

ネット上のコメント

やったぁ!(((o(*゚▽゚*)o)))

結果が出たら中国様が爆買いなんかなぁ

やるやん日本

関節リウマチの薬を使う発想も素晴らしい

朗報ですね。

安心のmade in Japan

素直に嬉しいニュース!

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認