韓国の訴訟で日本に勝った元慰安婦「私たちの心が晴れなければ本当の解決とは言えない」「(心を晴らすためには)お金ではなく、日本の謝罪が必要だ」

訴訟で日本に勝った元慰安婦が「うれしくない」、その理由は?=韓国ネット「当然だよ」「なぜいまさら…」

▼記事によると…

・2021年1月8日、韓国・中央日報によると、元慰安婦ら12人が日本政府に損害賠償を求めた裁判で韓国のソウル中央地裁は日本政府に1人当たり1億ウォン(約950万円)を支払うよう命じる判決を下した。しかし、原告の1人である元慰安婦の李玉善(イ・オクソン)さんはこれについて「うれしくない」との感動を述べている。

記事によると、李さんは同日、インタビューに対し「私たちの心が晴れなければ本当の解決とは言えない」とし、「(心を晴らすためには)お金ではなく、日本の謝罪が必要だ」と述べた。

2021年1月9日(土) 7時20分
https://www.recordchina.co.jp/b866097-s0-c10-d0058.html

慰安婦


慰安婦(いあんふ、Military Prostitutes)とは、かつて主に戦地で将兵の性の相手をした女性のこと。一般に慰安婦というと日本軍慰安婦を指すことが多いが、「慰安婦」という呼称は第二次世界大戦後日本軍が消滅した後の韓国軍でも使用されていた。また、同義の女性はドイツ軍やフランス軍にも存在した。慰安婦は軍隊が配置された場所の慰安所で働き、利用者は前述の国の将兵に限らず、同盟国や国連軍の将兵もいた。
慰安婦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

感謝はされても謝ることなんかないです。

と、言って永遠にたかり続けるのである!

朝日が謝ったらいい 「嘘でした」と。

そして結局は金

ヘリコプターとかジープとか乗っていませんよね。

慰安婦ビジネス

で、おいくらウォンなら納得してくれます

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認