【京アニ放火事件】青葉被告「パクられたのは、ツルネの主人公たちが安売りの肉を買うシーン」→ 京アニ「形式的な1次審査で落選してるから中身みてない」

「安売り肉を買うシーン、パクられた」 京都アニメーション放火殺人事件の被告が主張 わずか2分半、ありふれた描写

▼記事によると…

・36人もの犠牲者を出した京都アニメーション放火殺人事件は、自身も大やけどを負いながら一命を取り留めた青葉真司被告(42)が2020年12月に殺人などの罪で起訴され、大きな節目を迎えた。

■拘置所のベッドで捜査員に打ち明けた

「京アニにパクられたのは、ツルネの主人公たちが安売りの肉を買うシーン」

事件後に入院した病院で手術を受け、九死に一生を得た青葉被告は、逮捕後に勾留された大阪拘置所のベッドに横たわり、目の前の捜査員にこう打ち明けたという。

京都アニメーション(本社・宇治市木幡)が制作したアニメ「ツルネ-風舞高校弓道部」は弓道に青春をかける男子高校生たちの物語で、2018年から19年にかけてテレビ放映された。

青葉被告が言及したとされる場面は、第5話「矢の使いで」に登場するわずか2分半ほどのシーン。合宿中にスーパーマーケットを訪れた主人公たちが、値引きされた豚肉や牛肉などの食材を選びながら会話を交わすという、ごくありふれた描写だ。

・だが、京アニ側は、青葉被告の小説は形式的な1次審査で落選していたとし、中身を確認する前に除外されていて「盗用の余地はなかった」と断言する。

1/7(木) 10:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa360456343bd2438e197f73fb4ed9438fac7a96

ツルネ ―風舞高校弓道部―


『ツルネ -風舞高校弓道部-』(ツルネ かぜまいこうこうきゅうどうぶ)は、綾野ことこによる日本の小説。 イラストは森本ちなつが手掛けている。
ツルネ ―風舞高校弓道部― - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

は?

わい高校時代でもスーパー行って安売りの肉買ってたけど こいつには一般家庭の常識がないのか?

学生の頃、妄想したストーリーや設定なんてその後いくらでもアニメやゲーム、小説に盛り込まれてる。

そもそも京アニサイドに応募が残ってたのが意味不明やったわ 普通消すやろ 残してるってことはそういうことしてるってことやん

青葉の原作を見せてみろ!

安売り肉買うシーンなんて探せばいくらでもありそう

はいはい分かった分かった。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認