公約“全市民に一律5万円”掲げ当選した丹波市市長、就任から1か月足らずで公約修正「1人2万円の給付に」

丹波 公約の5万円給付を減額へ

▼記事によると…

・全市民に一律5万円を給付する公約を掲げて当選した兵庫県丹波市の市長が、財源が足りないなどとして、1人2万円に減額する調整に入ったことがわかりました。
就任から1か月足らずで公約を修正した形となります。

・林市長は先月7日に就任し、市庁舎の建て替えを凍結し浮いた予算などを使って給付の実現を急ぎたいとしていましたが、市の関係者によりますと、財源の不足などから1人2万円の給付に減額する調整に入ったということです。

・就任から1か月足らずで公約を修正したことに市民から批判が出ることも予想されます。

01月05日 14時14分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20210105/2020011428.html

林時彦


林 時彦は、日本の政治家。兵庫県丹波市長。元丹波市議会議員。
生年月日: 1954年5月3日 (年齢 66歳)
出生地: 兵庫県 丹波市
林時彦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

公約ってなんなんだろ。守れなかったら即退任してもらった給料返上って制約くらい付けて欲しい。

自腹でやれ

丹波市民も騙されたな

これと同じことした岡崎市の市長は1円も給付していないからまだましかもね

公約違反

2万円商品券くれるだけまだマシだろ

目先のことだけで選挙に行くからそうなんねん

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認