【動画】坂本龍一氏「戦争は外交の失敗と定義されている。攻められない様にするのが日々の外交の力。それを怠っておいて軍備増強するのは本末転倒」

にゃん吉さんのツイート

坂本龍一氏
戦争は外交の失敗と定義されている。攻めてきたらどうするんだという人がいるが攻められない様にするのが日々の外交の力。それを怠っておいて軍備増強するのは本末転倒

自民・公明党政権の外交が成功してるなら米国から高額ポンコツ兵器を大量に買う必要はない

坂本龍一


坂本 龍一は、日本のミュージシャン、作曲家、編曲家、作詞家、音楽プロデューサー、音楽評論家、指揮者、タレント、俳優、政治活動家。東京都出身。 世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、ポピュラー音楽にも造詣が深い。
生年月日: 1952年1月17日 (年齢 68歳)
出生地: 東京都 中野区
配偶者: 矢野 顕子 (1982年 - 2006年)
アルバム: 千のナイフ、 async、 ラストエンペラー
子女: 坂本 美雨
坂本龍一 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

音楽家の政治意識の低さには呆れるばかり。作品の質と政治信条は別ですが、公に発言する事での影響を理解して頂きたい。残念です。

私も小学生の時はそう思ってました。

軍備増強は外せない外交の柱の一つとご存じないのでしょうか?

せめてクラウゼヴィッツくらい踏まえてから議論をスタートした方がいいと思うんだよね。教養として。

音楽家として素晴らしい才能の持ち主でも、外交、安全保障問題となると、この程度の認識しかないんですね。

外交での発言を強化してるのは軍事力なんですけどね。

そうか!坂本龍一がポンコツだったのか

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします