新日国・ラオス「我が国からコロナ禍の東京五輪に選手を派遣することはない」

東京五輪の緊急調査に“NO”を明言する国が出た!「ラオスは選手を派遣しない」

▼記事によると…

・FLASH編集部が日本以外の205の国と地域の五輪委員会(NOC)に一斉アンケートを実施し、16カ国のNOCから回答を得た

・多くの国が、「開催を確信」「選手を派遣する」と答えた

・一方、伝統的な新日国として知られるラオスは「我が国から、コロナ禍の五輪に選手を派遣することはないと考えています」と回答した

2020.12.31 06:00
https://smart-flash.jp/sociopolitics/127017

ラオス


ラオスはメコン川が横断する東南アジアの国で、山岳地帯、フランス植民地時代の建築物、山岳民族の集落、仏教の僧院などで知られています。首都ヴィエンチャンにある仏塔タートルアンには、仏陀の胸骨が収められているとも言われています。その他にも凱旋門アヌサーワリー パトゥーサイや、食べ物、衣類、工芸品の店がひしめき合うタラートサオ(朝市)があります。
ラオス - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

いますべきはIOCから中止(もしくは再延期)を言わせることと、IOCに費用負担を考えさせること。

現状を見て考えたら7月開催出来るかどうか判断出来ると思うが。

日本から言わないことです。世界からの声で、IOCに言わせるのです。一番良いのは、アメリカに言わせること。アメリカが放映権を放棄すれば、手続きは容易になります。

来年の五輪開催こそ不要不急、まずは万全なコロナ対策に全力を尽くして下さい

IOCから辞めましょうなんて言うわけがない。儲けることしか考えてないんだから。

オリンピック開催なんか出来ない。この感染状況では。世界各地も大変なことになっている。そのお金があるなら、コロナウィルス対策に使うべき!

新型コロナウィルスの変異は今も起きてます。ワクチンの接種も進んでいません。もし開催したらその後の日本がどうなるか?もし直前で開催を諦めたら?いずれにしても日本は大きなダメージを受けます。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認