飯山陽さん『「料理をするお母さん」を肯定することが「差別の助長」だという批判は、今現在「料理をするお母さん」をやっている人を批判することになる』

飯山陽さんのツイート

「料理をするお母さん」を肯定することが「差別の助長」だという批判は、今現在「料理をするお母さん」をやっている人を批判することになる。

「女性は家事と子育て」といった伝統的な価値観を否定するのは絶対正義だというイデオロギーは、多様性を否定し社会を分断している。

飯山陽


飯山 陽は、日本のイスラム思想研究者、アラビア語通訳。専門はイスラム法学・イスラム教に関わる世界情勢の調査・分析など。2017年からタイ在住。
生年月日:1976年2月7日 (年齢 44歳)
飯山陽 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

貧しい発想やね!

いちいち批判って変な世の中だね

お母さん食堂っておふくろの味のイメージあっていいけどけど、逆にお父さん食堂っていったらまずそうで売れないよね。

これが、「頑固おやじ食堂」だったら署名活動したんですかね~??(¬∀¬) 食堂のベテラン料理人は、「おやじ」という決めつけにも反対署名してくれたんですかね~┐('~`;)┌

やってることがBLMとかと本質的に変わらん気がします。

女子高生(53歳・男性)

多様性を唱えるくせに自分が多様性を認めない典型例ですな

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認