安倍前首相が謝罪「国会答弁 結果として事実に反するものもあった」

安倍前首相が謝罪「国会答弁 結果として事実に反するものも」

▼記事によると…

・「桜を見る会」の前日夜の懇親会をめぐる問題で、秘書が略式起訴されたことを受け安倍前総理大臣が記者会見を行った。

・会見では、みずからの政治団体「安倍晋三後援会」の去年までの3年分の収支報告書について、懇親会の収支を記載するため修正したと説明。

・「会計処理は私が知らない中で行われていたとはいえ、道義的責任を痛感している。深く反省し、国民に心からおわび申し上げたい」と謝罪した。

・懇親会に関係する過去の国会答弁については「事務所に幾度も確認し、当時の知るかぎりを答弁したつもりだが、結果として、答弁の中には、事実に反するものがあり、国民の政治への信頼を損なうことになってしまった」と述べた。

2020年12月24日 20時26分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201224/k10012782561000.html

安倍晋三


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。内閣総理大臣、自由民主党総裁、自由民主党幹事長、内閣官房長官等を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 66歳)
安倍晋三 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

相変わらず見苦しい言い訳ばかりをしてるけど、残るのは『疑問』だけ。今までもこれからも。

"結果として"も何も。。。。

国会議員辞めたら

あれだけのお金が動いてるのに議員が全然把握してない事があり得るのかなぁ

知らんかったわけなかろーもん。トカゲの尻尾切り。

責任は感じるけど責任は取らないってスタンスは変わらないなぁー

今まで118回嘘を言ったなら今日で119回目の嘘だ。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします