【話題】契約書が読みづらくて「甲」と「乙」をそれぞれ「僕」と「君」に変換してみた結果…

(@IndeedJapan_PR)のツイート

契約書が読みづらくて「甲」と「乙」をそれぞれ「僕」と「君」に変換してみたら抜群に読みやすくなったし、村上春樹さんっぽくもなった。

村上春樹


村上 春樹は、日本の小説家、文学翻訳家。 京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。
生年月日: 1949年1月12日 (年齢 71歳)
出生地: 京都府 京都市
デビュー作: 『風の歌を聴け』(1979年)
配偶者: 村上陽子 (1971年から)
映画: ノルウェイの森、 バーニング 劇場版、 トニー滝谷、 風の歌を聴け
村上春樹 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

読みやすい……世の中の契約する系の全書類これにしてくれないかな〜甲乙、たまにゲシュタルト崩壊起こすし途中からサラっとしか見れなくなるし〜〜( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

なんだろう?こうやって見ると、「君の名は」ぽく、爽やかなイメージが湧くのは何故なんだろう?不思議、、

なんか村上春樹っぽさがありますね(読んだことないけど笑)

すごい!確かになぜかこれなら全部に目を通して読んでしまいますね。

甲、乙、丙は企業側もちゃんと理解してない人が多いのでとてもありがたいです。

こっちの方が読みやすい!絶対こうするべき!

甲ってどっちやっけ??乙って…?と、ならんくて済むので全部これで表記してほしい笑

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認