アメリカで「All Lives Matter(すべての命が大切)」と発言した一児の母、BLM支持者に待ち伏せされ射殺…

インディの母親は1週間でダウンタウンの運河沿いで2番目の殺人となります

▼記事によると…(英語機械翻訳)

・–インディアナポリスの母親が運河沿いで日曜日の初めに射殺され、1週間で2番目の殺人事件となった。

被害者の家族によれば、銃撃は人種的に起訴された一部の言語で始まった。

犠牲者のジェシカ・ドティ・ウィテカーは男の子を置き去りにしました。

「彼女は彼女の命を失うべきではありませんでした。彼女には愛する3歳の息子がいる」と彼女の婚約者ホセ・ラミレスは言った。

ラミレスによると、グループの誰かがスラングバージョンのNワードを使用したとき、彼と犠牲者、および他の2人が運河沿いにたむろしていました。

その言葉は見知らぬ人のグループによる対立を促しました。

簡単な議論の中で、ラミレスは容疑者のグループがBlack Lives Matterを叫び、Whitakerまたは彼女のグループの誰かがAll Lives Matterに返信したと主張しました。

(略)

2020/7/7(英語)
https://fox59.com/news/crimetracker/indy-mother-becomes-2nd-homicide-along-downtown-canal-in-1-week/

動画を見る

関連ツイート

ブラック・ライヴズ・マター


ブラック・ライヴズ・マターは、アフリカ系アメリカ人に対する警察の残虐行為に抗議して、非暴力的な市民的不服従を唱えるアメリカの組織的な運動である。
ブラック・ライヴズ・マター - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

揺り戻しが来た時に黒人達は相当なツケを払う羽目になりそうな…

他人事じゃない。「すべてのヘイトを許さず」が通らなかった川崎市は特に。

日本人にはまだあまり想像がつかない事だけど、この発言をした結果、自分の生活を脅かされる可能性があることを多文化共生の強い国の人は少しでも想像つく人は少なくない思う…。

当たり前のことも言えないこんな世の中じゃ。。

正しい人たちばかりが抑圧されたり殺されたり世界の明日はどんな修羅の世界なんだろう…

自由を求めて、自由を失う

断固とした措置をとらずに融和的な対応に終始した首長らの責任は免れない。彼らの責任は大。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認