足立康史議員「自衛隊の処遇が低すぎる。特に危険手当にかかる規定が足りない。また殉職された自衛官の追悼は会議室で国家追悼ではなく防衛省行事」

Dappiさんのツイート

足立康史
自衛隊の処遇が低すぎる。特に危険手当にかかる規定が足りない。また殉職された自衛官の追悼は会議室で国家追悼ではなく防衛省行事。異議を感じる

命がけで国民のために働いてるのに処遇も低く、違憲と言われる自衛隊。
一刻も早く地位向上・待遇改善すべき

関連動画

足立康史


足立 康史は、日本の政治家、元通産・経産官僚。日本維新の会所属の衆議院議員。日本維新の会国会議員団幹事長代理。
生年月日: 1965年10月14日 (年齢 55歳)
出生地: 大阪府 泉大津市
学歴: コロンビア大学国際公共政策大学院 (1998年)
足立康史 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

中共立憲の質疑辞めさせて、足立議員の質疑時間にしてほしい。

待遇が悪く、地方行政の尻拭い「便利屋」として使われる自衛隊。ホンマかわいそうやで。

でも、以前に自衛隊の給与アップに反対していたのは維新でしたよね?維新の悪いところは、こうやってその時々で世間受けのいいことを言って、支持率を稼ごうとすることです。(-_-;)

違憲どころか暴力装置とまで罵られてしまっている。いったい誰がこの国を守っていると思っているのでしょうか。

野党は今医療従事者に対しての補償を要求しているが、自衛隊の皆さんの処遇についても同じ温度感で騒いで欲しいものだ。

これって、反対したのが維新の音喜多議員だったような?

是々非々で物を言う野党は本当に必要だ!

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認