【日韓】舛添要一氏「早くコロナが収束して、政治家交流が活発になるのを期待している」

恨の国、韓国では、日本よりも政治家の命を奪う傾向が強い。 - 7月11日のツイート

▼記事によると…

・東京のコロナ感染者の約4割が感染経路不明者。無症状の若者が多いだけに、市中感染もかなり拡大していると考えたほうがよい。経済活動は再開されたが、ワクチンができるまでは、人との距離を保つなど感染防止対策が不可欠。そのため従前並みの利益は期待できず、廃業する経営者が増えている。深刻だ。

・近年は、日韓の政治家交流が減ってしっまている。自殺した朴元淳ソウル市長は左翼の闘士で、私とは思想的には対極にある。しかし、一緒に食事しながら議論は続けた。「敵」をよく知らないと戦に負ける。政治も決めるのは人間である。早くコロナが収束して、政治家交流が活発になるのを期待している。

2020年07月12日 07:35
https://blogos.com/article/470833/

舛添要一 プロフィール


舛添 要一は、日本の国際政治学者、政治家。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表、東京都知事などを歴任した。
生年月日:1948年11月29日 (年齢 71歳)
舛添要一 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

韓国を赤化しようとして、慰安婦問題で日本にも多大な損益を与えてるソウル市長を兄貴と慕うって…。

どっちも不正で叩かれたのは共通してる

ソウル市長の自殺と日韓政治交流は、全く別の問題だと思いますけどね。それと、あれだけセコい事をしていたのですから、日本人であの人を兄貴と慕う人はいないでしょう

舛添要一よ、ソウル市長が死んだのは日本に関係ない!恩も義理も無い!

だから一連の悪事の黒幕を自負してどうするの?

この人が都知事じゃなくて良かった。小池さんも嫌だが。

何の得がある?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認