志位氏、政府対応に苦言「自分に都合の良い時だけ『専門家』を持ち出し、耳の痛いことをいう『専門家』は排斥する。これでは失敗間違いなしだ」

志位和夫氏のツイート

無症状者に対するPCR検査の戦略なし。

唐突に行われた全国一斉休校。

感染広げるGoTo事業に固執。

学術会議への人事介入。

共通しているのは、科学を尊重する姿勢がないこと。自分に都合の良い時だけ「専門家」を持ち出し、耳の痛いことをいう「専門家」は排斥する。これでは失敗間違いなしだ。

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日:1954年7月29日 (年齢 66歳)
志位和夫 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

志位様を始め政治家の方々が、ご自身のPCR検査の受診回数と頻度を公表されることが、説得力があり効果的と思います。

外国人の入国制限にまるで触れない不自然さ。

PCR検査積極的にやってる韓国は感染広がってますが。

ガースーさんは私的な好き嫌いの類いで政治している

無症状の人がPCR検査を受けるいみは?

異論や反対意見に耳を傾けない心の狭い菅政権。

自分たちなら成功できたのかい?(笑)

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認