辛坊治郎氏“GoTo停止”に反論「危険なんじゃないか」「違うところに原因がある」

辛坊治郎氏〝GoTo停止〟に反論「危険なんじゃないか」「違うところに原因がある」

▼記事によると…

・フリーキャスターの辛坊治郎氏(64)が12日、日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」に出演し、コロナ感染対策における「GoToトラベル」のあり方について持論を展開した。

・辛坊氏
「難しいのは、感染状況というのは実際の対策が行われてから2週間ずれますから、その先を見ないと分からない」

「最近私、世界の感染状況、特に身近な韓国の感染状況をつぶさに見てると、別に日本のGoToをやってるわけじゃありませんが、いわゆる〝第3波〟のグラフがそっくりなんですよ。そうすると、本当は違うところに原因があるのに、GoToばかりが政治問題にされて、そこにみんな原因を求めるっていうのは、本当に対策を打つ意味においては危険なんじゃないか」

12/12(土) 19:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d60794e138f20d4b669fb506f4485655bc22952

辛坊治郎


辛坊 治郎はニュースキャスター、シンクタンク経営者。元読売テレビアナウンサー、報道局局長待遇解説委員長。妻は元読売テレビ報道局報道部記者で現・ラジオパーソナリティの西岡香、実兄は株式会社大阪綜合研究所代表で元住友ファイナンスエイシア代表取締役社長の辛坊正記。
生年月日: 1956年4月11日 (年齢 64歳)
出生地: 鳥取県 米子市
配偶者: 辛坊香
学歴: 入間市立豊岡中学校、 早稲田大学法学部、 埼玉県立川越高等学校
書籍: 日本経済の真実: ある日、この国は破産します
辛坊治郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

GoToトラベルやGoToイートだけが原因では無いと思う けど、GoToトラベルで気が緩んで、GoToイートではしゃいで、感染広がってるのは、一員えなってるよね

錯誤です。夏の潜伏期と冬の感染期では自ずと感染危機管理のあり方は異なります。台風のときにお外に出るのと同じです。

原因を探るためにも、Gotoを止めるべきです。止めないで続けて、状況を見て、何も解決しません。それぐらいわかりませんかね? 

支持者はこういう御用系の方ばかりでしょう。

感染拡大の要因は、もちろん冬になって来たからということも大きいだろうし、必ずしもGoToトラベルが「最大要因」とは言わないが、それでも“その要因たる可能性”があるのなら、一旦停止すべきだと思うけどなあ。で、しっかり検証して問題無いと判断したのならやればいい。今の時点で“問題無い”と言ってることが問題なわけで。

長時間のノーマスク飲食がクラスターを発生させているのは紛れもない事実。今日の報道だけでも、忘年会でどれだけのクラスターが発生している?その意味では、GOTOイートの運用を当面は家族限定にするとか、もう少し厳格に運用すべき。

GoToだけに原因を求めるのは間違いだろう。でも、怪しいものから順に検証していくことが大切なんだと思う。科学的に仮説検証していくって、そういうことでしょ。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認