【エア離婚】元TBSアナの小島慶子さんのコラムが炎上中… → ネット『モラハラでは?』『自分を被害者と思い込んでる加害者の典型』

小島慶子〈エア離婚〉を選んで2年「夫婦リセットか、続行か。いま心は揺れて」

▼記事によると…

・家族が暮らすオーストラリアに帰ることができないまま10ヵ月。長男の卒業式に出られず、次男には身長を抜かれた。コロナで会えなくても、家族は成長する。ならば、「解散」を宣言した夫との関係はどうか──

(略)

・◆「エア離婚」の奥にある深い溝

そもそも、「こんな人とは老後を過ごせない」と私からエア離婚を突きつけはしましたが、夫は気持ちの安定した、穏やかでとても優しい人です。出会って20年、私がどんなに辛辣に言いつのっても決して激昂しません。息子たちも「パパは一生懸命、僕たちの面倒をみて家のことをやってくれるよ」と言います。

もし今、彼と死別してしまったら、もう子どものこまやかな思い出を話しあえる人はいないのです。家族として、私はあまりにも多くのものを彼とシェアしてしまっていました。

・とはいえ、彼はこれまでで最も私を苦しめた人でもあります。長男が生まれた直後、「妻が子どもにかかりきりで構ってくれない」と拗ねて、歓楽街で女性をモノのように消費。それが原因で私は健康を害し、さらに不安障害を発症し、不安定な精神を抱えたまま、仕事と子育てに身を削りました。

・パースに戻ったときに、夫と、当時14歳と10歳の息子たちを前に、家族会議を開きました。わが家ではもう性教育は一通り終えていて、女性の人権についても説明していました。それでも多感な年齢の彼らに対し、父親の愚行や両親の関係の危機をあからさまに示すという、かなり酷なことをしたと思います。私は、単なる家庭内の不祥事ではなく、父親の行為は女性蔑視であり、それに無自覚であってはいけないことをどうしても息子たちに伝えたかったのです。

彼らは懸命に考えたうえで「それでもパパが好き。家族の形はこのままがいい」と言いました。しかし夫はうなだれて「うまく言えないんだ」と言うだけ。私は深く絶望しました。そして、子育て終了後の離婚を念頭に置いて今から準備を進めよう、と心に決めたのです。

(略)

12/8(火) 18:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/66c7369d69b2e7a2ec1d088612884ae269cfef50

小島慶子


小島 慶子は、タレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティ。TBSアナウンサー30期生。自身が発達障害を抱えてることを公表している。オーストラリアのパース在住。2児あり。趣味は着物、乗馬、ピラティス。
生年月日: 1972年7月27日 (年齢 48歳)
出生地: オーストラリア パース
配偶者: あり
学歴: 学習院大学
テレビ番組: ゴロウ・デラックス
小島慶子 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

人の心を慮れない、人を許せない、自分の主張を絶対視して曲げられず人とコミュニケーションできない自分の苦しさを吐露してるようにしか見えない。気の毒だとは思うが、プライバシーを晒される旦那さんや子供はもっと気の毒。

蓮舫とか小島慶子さんって、夫より、私の方がえらいのよ、金稼いでるのよ、だから反抗許さないと言っているように見えます。これって、彼女らの嫌悪する昭和オヤジそのものに見えるのですが・・

小島慶子が離婚しようがしまいが、Wi-Fiが前頭葉を萎縮させようがさせまいが、そんなの関係ねえ!みんな疲れてるんだ!温かい飲み物のんでお風呂入って寝るんだ!

社会において、男性と女性には厳然たる経済的格差があり、それに付随したパワーバランスの非対称性が存在する。ゆえに一見すると公平なただの正論では現実社会での公平とはなりえず、そこら辺も小島慶子らが闘っているところだろう。そして彼女の家庭における経済的強者は間違いなく小島慶子自身。

ひたすらホラーだった。自分を被害者と思い込んでる加害者の典型。

小島慶子さんって好きな人いるの?僕は気持ちが悪いだけだよ。きれい事しかいわないものね。

夫のプライバシー含めて世間に公表する事なのか疑問に思う。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認