韓国の慰安婦アドベンチャーゲーム、国の税金が使われていた… 会社代表「日本人が歴史を正しく知らない」「日本の若者は日本が犯した戦争犯罪には無知」

韓国「慰安婦ゲーム」に税金投入 会社代表は「日本は謝罪を」「歴史を正しく知らない」と主張

▼記事によると…

・1000万円超の税金が反日コンテンツへ
 韓国のスタートアップ・ゲーム会社「ゲームブリッジ(https://www.gambridzy.com/)」が12月1日、アドベンチャーゲーム「ウェンズデー(The Wednesday)」を発売し、メディアやネットユーザーの注目を集めている。彼らが注目するのは楽しさや興味より、むしろ「慰安婦」を題材に製作されたという点だ。

ゲームは、1992年1月7日に生存していた元朝鮮人慰安婦の「スニ」というおばあさんが主人公である。

彼女は在韓日本大使館前で1人デモを行ったあと、1945年1月に戻って、インドネシアの慰安所に閉じ込められていた慰安婦たちを救出するという内容だ。

・ゲーム本来の目的である娯楽より、慰安婦を題材に日本を攻撃して金を稼ぐ意図が明白で、好奇心を刺激する一方、“駄作”の評価が少なくない。

・2回のクラウドファンディングで投資金を募集し、それで約1億4000万ウォン(約1330万円)を集めたほか、国庫からも1億1900万ウォンが拠出されている。

・そう、税金で反日コンテンツが量産されているのだ。

・昨年、韓国文化体育観光部傘下の公共機関「韓国コンテンツ振興院」は、ゲーム開発支援事業費としてウェンズデーの開発をサポートした。

・ゲームブリッジ社のド・ミンソク代表と「ウェンズデー」製作者は今年3月、ゲームを多言語に翻訳して海外で発売し、何より「日本人にも知ってもらいたい」とメディアに話した。

・ド・ミンソク代表は、大要こう述べている。

「日本人が歴史を正しく知らないのが大きな問題だ」

「日本の若者は歴史教科書修正後に教育を受けた世代であり、日本が犯した戦争犯罪には無知だ」

2020年12月7日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12070559/

慰安婦


慰安婦(いあんふ、Military Prostitutes)とは、かつて主に戦地で将兵の性の相手をした女性のこと。一般に慰安婦というと日本軍慰安婦を指すことが多いが、「慰安婦」という呼称は第二次世界大戦後日本軍が消滅した後の韓国軍でも使用されていた。また、同義の女性はドイツ軍やフランス軍にも存在した。慰安婦は軍隊が配置された場所の慰安所で働き、利用者は前述の国の将兵に限らず、同盟国や国連軍の将兵もいた。
慰安婦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

コレが韓国^^;

このゲームプレイしてみたいな

すでに敵国であることを表明しています。それに応じた対応が必要です。

アメリカ民主党のオバマ前大統領時代に結んだ合意。その合意を蔑ろにしている。アメリカ民主党からも何か言ってもらいたい。

韓国のゲーム会社が作った慰安婦ゲームに日本の国庫から1000万円拠出したなんて本当か?これを決定した大臣官僚誰だ?こいつらに支払わせろ!

慰安婦を題材に日本を非難するゲームが韓国国民の公的利益に合致するというなら、日本を敵対国とみなすことと変わらない。

断交一択でしょ。こんな約束守らん国。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認