改正種苗法が成立 海外不正持ち出し禁止 令和3年4月に施行

改正種苗法が成立 海外不正持ち出し禁止

▼記事によると…

・国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことを禁じる改正種苗法が2日、参院本会議で可決、成立する。令和3年4月に施行される見通し。

 改正種苗法は新品種の開発者が農林水産省に出願、登録する際に栽培地域や輸出先を指定できることが柱。許諾なしに指定された地域以外で栽培したり、無断で海外に持ち出したりした場合は、生産・販売の差し止め対象となる。

2020.12.2 10:50
https://www.sankei.com/economy/news/201202/ecn2012020015-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連動画

種苗法


種苗法は、植物の新品種の創作に対する保護を定めた日本の法律。1998年5月29日に公布された。植物の新たな品種の創作をした者は、その新品種を登録することで、植物の新品種を育成する権利を占有することができる旨が定められている。
主な内容: 種苗について
関連法令: 知的財産基本法
種類: 知的財産法
法令番号: 平成10年法律第83号
通称・略称: なし
種苗法 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

不正持ち出されたいちご、ぶどう、さつまいも以上新品種を絶対に作れる日本。

良かったです

25年ほど前、定年した農機の指導員?を物凄い高待遇で中国が招聘していた頃からこうなるのはわかっていてはずなのに

長かった。ようやく第一段階、次は出入国時の検査を厳格化ですね。現在の植物検疫検査制度だけでは輸出は防げないので、輸出管理法の改正が必要ですね。

やっとか

遅いくらいです。

これは良かった。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを