行本恭庸市議が辞職 マスク求められ検便の入った検体袋を投げつけ暴言「この若造が!!」

マスク求められ暴言の市議辞職 検便袋投げて「若造が」

▼記事によると…

・マスクの着用を求めた岡山県赤磐市職員に威圧的な言動をしたとされる行本恭庸(ゆくもとやすのぶ)市議(73)=3期目=が1日、同日付の辞職願を市議会議長に出した。

・行本市議は11月4日、検診で訪れた市の施設で女性職員からマスク着用を求められた。その際に「検体を出すだけなのにマスクは必要ない」などと大声で言い、検便の入った検体袋を近くの机に投げつけた。さらにその後、「この若造が」と怒鳴ったという。

2020年12月1日 20時59分
https://www.asahi.com/articles/ASND16QNPND1PPZB00H.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

動画を見る

赤磐市


赤磐市は、岡山県中南部に位置する市。 南部には住宅団地があり、岡山市のベッドタウンとなっている。
赤磐市 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

不徳の致すところ!!!誠に申し訳ない!!!大きい声で!!

謝るだけなら誰でもできんのよ

傷害罪にはならないのかな?

安定の年代

便投げて辞めるとか 恥ずかしくて生きていけない

不徳というか不潔というか……

73でまだ徳が足りないってもう間に合わないわね(´•ω•`)

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを