茂木大臣の政策提言、海外メディアで報じられる…『日本の外務大臣が「日本を多様な多民族社会に変える」計画を発表 彼は外国人居住者に投票権を与えたいと言っています』

日本の外務大臣が「日本を多様な多民族社会に変える」計画を発表 彼は外国人居住者に投票権を与えたいと言っています。

▼記事によると…(英語機械翻訳)

・日本の外務大臣は、大量移民を奨励し、外国人住民に投票権を与えることにより、「日本を多様な多民族社会に変える」計画を発表しました。

茂木敏充は自民党(LDP)の政治家であり、2019年9月から国の外務大臣を務めています。

茂木氏は質疑応答の中で、「国家ビジョン」とは、「21世紀の日本を、世界中からの大量移民によって「多様化した多民族社会」に変えること」を意味すると述べた。

これは、英語を国の第二言語として成文化し、「居住外国人に参政権」を与えることによっても達成されます。

日本は民族的に日本人の98.1%であり、次に人口の多い民族はわずか0.5%の中国人です。

(略)

2020年11月25日(英語)
https://summit.news/2020/11/25/japanese-foreign-minister-announces-plan-to-transform-japan-into-a-diverse-multiethnic-society/

関連ツイート

茂木敏充


茂木 敏充は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣、自民党栃木県連会長、竹下派会長代行。
生年月日: 1955年10月7日 (年齢 64歳)
茂木敏充 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

既に多様性は間に合ってます。腹いっぱい。

バレちゃった!

茂木は最悪ですな。

やめてください

勝手なことを言うな!!┻━┻ ヘ╰( •̀ε•́ ╰)

アウト、香港やウィグルの二の舞

あーあ…怒った顔

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを