前川喜平氏、感染拡大中の「GoTo」運用に苦言「国民を犠牲にして業界を潤す政策」

前川喜平さんのツイート

現政権は国民の願いに応える政策ではなく、業界の要求に応じる政策を行っている。

GoToは国民を犠牲にして業界を潤す政策だ。

前川喜平


前川 喜平とは、日本の元文部科学官僚。 元・文部科学省大臣官房総括審議官、大臣官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官。
生年月日:1955年1月13日 (年齢 65歳)
前川喜平 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

Gotoキャンペーンは生活に苦しんで居る人々には使いたくても使えない、インターネットの出来ない老人にも使えない、本当に馬鹿げた政策です。

五輪も同じ。国民をモルモットにして観客率を決めようとしているし。

利権と組織票が大事だからそうなる。

安倍・菅政権は自民党は、全てにおいて、そうです

国民のために動いたということが皆無のアベスガ政権。

しかも「献金」と「選挙応援」をしてくれる特定の業界団体にだけ。

そして二階に献金で戻るという 政財界のマネーロンダリング

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事