種苗法改正、立憲民主党・共産党から反対意見

(社説)種苗法改正 農家の不安にも配慮を

▼記事によると…

・前国会から継続になっていた種苗法改正案が審議入りした。

・一部の農家からは「許諾料が高騰すれば負担が重くなる」と心配する声が出ている。おとといの審議では、立憲民主党や共産党の議員から、法改正に反対する意見が出た。

・それでも農家の懸念は払拭(ふっしょく)する必要がある。許諾料が過度な負担になっていないか、政府が監視し、必要に応じて対策をとるべきだ。

2020年11月14日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14694585.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

種苗法


種苗法は、植物の新品種の創作に対する保護を定めた日本の法律。1998年5月29日に公布された。植物の新たな品種の創作をした者は、その新品種を登録することで、植物の新品種を育成する権利を占有することができる旨が定められている。
主な内容: 種苗について
関連法令: 知的財産基本法
種類: 知的財産法
法令番号: 平成10年法律第83号
通称・略称: なし
種苗法 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

柴咲コウさんがどちらの政党の支持者なのかも興味があるところです

「日本の為になる事には、全部反対」これ以外の理由がない。明快ですね。

なんとか成立してほしいですね

日本の第一次産業を壊滅させたいのね!怒りしか湧かないわ。

まともな日本人がまだ政界にいるうちに、スパイ法を施工までいかないと。

中韓に、どんどん流出させろだって。1ミリたりとも、日本のためにならない奴らだな。

立憲民主党と共産党が反対する案件は、大半の日本人にとって必要なものです。要否の判断基準。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認