【話題】「都構想」が否決されたのに、条例化で再び大阪市の財源を奪おうとする維新

「都構想」が否決されたのに、条例化で再び大阪市の財源を奪おうとする維新

▼記事によると…

再び大阪市の“財布”に手を突っ込もうとする維新

・否決された住民投票直後の会見で、吉村知事は「三度目の住民投票は目指さない」と断言していたため、大阪府に比べて豊かな大阪市の財源は守られると思われていた。ところが、都構想否決の民意を骨抜きにして、再び大阪市の“財布”に手を突っ込む新たな“目玉政策”を維新は打ち出してきたのだ。

住民投票否決で、次は「条例化」を新たな看板に

・維新代表の松井一郎・大阪市長も同時期の条例案提出を表明し、吉村知事と足並みをそろえた。しかし大阪市民の中には「条例で二重行政解消ができるのなら、何十億円もかかる住民投票をやる必要はなかった」「都構想否決の結果を骨抜きにするもの」という呆れた声が広がっている。

・“懲りない面々”とはこのことだ。最初に住民投票が否決された5年前も、維新は自公や共産党との話し合いで二重行政解消をする姿勢となったが、すぐに決裂したことを受けて方針変更。「話し合いでは二重行政解消は実現できない」と訴えて、二度目の住民投票を正当化した。

 今回も同じ狙いであるのは明らか。住民投票否決直後には「維新は都構想という目玉政策を失い、政党としての存在意義が問われる」といった報道が相次いだが、「条例化」という新たな看板を掲げることで党勢維持をはかろうという魂胆が見え見えなのだ。

11/13(金) 8:34
https://news.yahoo.co.jp/articles/26fc8afebe754f8a7779cd65664d5580fc7ea84e

日本維新の会


日本維新の会は、日本の政党。2015年11月におおさか維新の会として結成された。2016年8月23日に現在の党名に改名。略称は維新。 党本部は大阪市にある。大阪府の地域政党「大阪維新の会」が母体となって結成された政党であるため、党規約上、大阪維新の会が他の地方組織よりもはるかに強い権限をもっているという特色がある。
日本維新の会 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

あきらめたまえよ

なるほど、やっぱり、そーゆーやつらね。

投票結果を無かったことにするなら都構想に使った税金を全部国民に返して欲しいですね。

元から全く信用してないがますます信用できない。

少なくとも、今やることじゃねぇな。

大阪でもリコールはじめないと・・。失敗に終わっても、行動を見せないと、次から次に騙し手が出できそーですねぇ。

いつから大阪府と大阪市は敵同士になったんや。。。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認