武田総務大臣「公共放送としてこのコロナ禍において国民のために何が出来るのかを考え、受信料の値下げ、まずそれから着手するのが公共放送としてあるべき姿」

Mi2さんのツイート

【まずは受信料値下げ】

NHKの肥大化や受信料について、

武田良太総務大臣
やはりNHKも考えて直さなければテーマはたくさんある。余剰金の問題、公共放送としてこのコロナ禍において国民のために何が出来るのかを考え、受信料の値下げ、まずそれから着手するのが公共放送としてあるべき姿だ

武田良太


武田 良太は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、総務大臣。 自由民主党幹事長特別補佐兼副幹事長、防衛副大臣、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官、国家公安委員会委員長 、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、国土強靭化担当大臣、内閣府特命担当大臣を務めた。
生年月日: 1968年4月1日 (年齢 52歳)
出生地: 福岡県 福智町
両親: 武田良行
現職: 総務大臣 2020年から
書籍: 10年の滑走路
学歴: 公共経営研究科 (2007年–2009年)、 早稲田大学文学部 (1992年)、 福岡県立小倉高等学校
武田良太 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

まずは停波、そして解体。

解体だろ

GOGO!

解体して真の国営放送局に それが無理なら、スクランブルを

先ずはスクランブル措置です。NHKを観ない権利を下さい。電波の押し売りにはうんざりです。

どこの国向けかわからないNHKなんて付けたくないなー

NHKは偏向報道が酷くて信用ならない

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事