“世界初”の癌治療に挑戦する高須院長「うまくいかなくても悔いはない。医学データが取れるから。次の人のためになる。ぼーっと死ぬよりずっといい」

自由さんのツイート


高須克弥院長
(自身の状態は)最悪。がんの治療ができる体力を維持してる状態。治験、動物実験なしでいきなり僕の体でやる。大手術なしでがんが治る革命。うまくいかなくても悔いはない。医学データが取れるから。次の人のためになる。ぼーっと死ぬよりずっといい

フジの取材
とても強い方ですね

高須克弥


高須 克彌は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。タレントとしてはオールアウトに所属。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日:1945年1月22日 (年齢 75歳)
高須克弥 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

少しでも良くなりますように。

お大事になさってください。良くなりますように。

体調良くなりますようにキラキラ

どこまでカッコイイんだ

癌との戦いに勝って帰ってきてほしい。全集中で…

長生きできると良いですね!

少しでも長生きしてほしいです♪

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認