【はんこ】河野氏の提案に、山梨知事「ただただ限りない『嫌悪感』」「口では誰でも言える」

ハンコ写真批判の山梨知事、河野氏の提案に「口では誰でも言える」「具体的な施策を」

▼記事によると…

・政府が進める押印の省略を巡り、河野行政・規制改革相がツイッターに「押印廃止」のハンコの写真を掲載したことを批判していた山梨県の長崎知事は、5日の記者会見で「ちゃかすようなことをするのはいかがなものか」と述べ、改めて問題視した。

・長崎知事
「改革を進めるにあたり、しわ寄せが来る方々がいる。寄り添う姿勢が極めて重要だ」

「口では誰でも言える。具体的な施策を打ち出していただきたい」

・知事はこれまで、県の伝統産業である印章制度や文化を守るよう訴えてきた。2日には河野氏のツイートに対し「ただただ限りない『嫌悪感』」と批判した。

2020/11/06 11:56
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201106-OYT1T50068/
>>『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

長崎幸太郎


長崎 幸太郎(ながさき こうたろう、1968年8月18日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。山梨県知事(公選第19代)、自由民主党山梨県連常任顧問。衆議院議員(3期)、自由民主党幹事長政策補佐などを歴任した。
長崎幸太郎 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

ハンコは今後事務的なものからは、河野さんの発言にかかわらず、次第に姿を消すことはしかたないかもという気がします。

自らは具体的な対案を出さないパターンのやつか?

なぜ突っ掛かるのか意味分からんな。

具体的な対策は、ハンコ業界の人たちや貴方方がするべきものでは?河野氏は無駄な押印文化を無くして効率化しようとしてるだけじゃんよ。

提案も必要かもしれないが、自分で考えたらどうだ。

この知事、言えば言うほどただの「抵抗勢力」みたいに見えてくる。世の中の変化から地場産業を守りたいなら、国に噛みつくのではなく知事が自ら頭を使わなきゃ。

ハンコ文化を守るのは行政じゃなくてハンコ業界の役割では。行政手続きから不要な工程を挟んで良い理由にはならない。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認