自転車はね死亡、運転の80歳男性に無罪判決 → 裁判官「雨で、急ブレーキをかけてもスリップする危険があった」

自転車はね死亡、運転の80歳男性に無罪判決 直前の雨で道路ぬれ

▼記事によると…

・東京都大田区の国道交差点で昨年2月、赤信号の横断歩道を渡っていた自転車の男性=当時(23)=を乗用車ではねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた男性被告(80)に、東京地裁が無罪(求刑禁錮1年2月)の判決を言い渡していたことが6日、分かった。

男性は時速94キロで走行し、信号が黄色になっても直進したが、村山智英裁判官は「直前の雨で道路がぬれ、急ブレーキをかけてもスリップする危険があった」と指摘。法定速度の60キロで走行しても事故は回避できなかった恐れがあるとした。

2020.11.6 14:20
https://www.sankei.com/affairs/news/201106/afr2011060016-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

大田区


大田区は、東京都の特別区のひとつ。
大田区 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

は?

少なくとも記事では80歳であるということと、スピードを出すことによって反応が遅れることが書かれてないね

記事を読まずに見出しだけで判断する人って結構多いんだね、

1番大事な「自転車が信号無視していた」が書かれてないやん

スリップするかもしらんのに94キロもだすんかね。私ならこわくてトロトロ運転するわ。ブレーキすら踏まないのは重罪ではないのか

えっ!?

雨の日、退き殺しても無罪ね。覚えとこ!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを