木村太郎氏「メディアの将来は危うい。SNS等に主役を奪われると思う」

自由さんのツイート

【メディアの将来は危うい】

木村太郎
一番の敗者は米国メディア。メディアの世論調査全部間違い。トランプは勝てるわけないとずっと流し、日本でもそのまま。これ責任どうやって取るのか。当然、米国メディアの責任が問われる。メディアの将来は危うい。SNS等に主役を奪われると思う

木村太郎


木村 太郎は、日本のフリージャーナリスト、ニュースキャスター。逗子・葉山コミュニティ放送株式会社代表取締役、木村太郎事務所代表取締役。 元NHK記者、キャスターで、退局後はフジテレビと専属契約を結び、キャスターを務めた。現在はフリー。
生年月日: 1938年2月12日 (年齢 82歳)
出生地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 バークリー
代表経歴: 『FNNスーパーニュース』コメンテーター
テレビ番組: Mr.サンデー、 FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”
学歴: 慶應義塾大学 (1964年)、 東海中学校・高等学校
木村太郎 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

そしてメディアは「SNSはフェイク」と騒ぐ。(まぁ怪しいネタが多いことは事実ですが

なにをいまさらなことを木村太郎

なんつーか、マスコミって戦国時代の寺社勢力みたいになりそう。やりたい放題やったらしっぺ返し食らって権力失ったみたいな

木村さん、もう分かってらっしゃると思いますが、既に終わってますよ!

もう敗北しているからこそフラジリスタありけり(ᗒᗩᗕ)米国に限った話ではないんですけどね(;^ω^)

まさにそれですね

マスメディアの情報を鵜呑みにする連中からするとこれでトランプ大統領が勝ったら不正が行われたと言う方向に頭が行くんじゃないかな。外しても得る物があるのでしょう。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします