毎日新聞『伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」?「書類送検」報道を考える』→ 一色氏「どうして、女性側の証言たけを鵜呑みにして、片寄った物言いをするのか?」

一色正春さんのツイート

どうして、女性側の証言たけを鵜呑みにして、片寄った物言いをするのでしょうかね

ある意味、女性差別では

伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」? 「書類送検」報道を考える - 毎日新聞

一色正春


一色 正春は、日本の内部告発者、元海上保安官。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。国立富山商船高等専門学校卒業、放送大学教養学部卒業、学士。
生年月日:1967年1月3日 (年齢 53歳)
一色正春 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

女性の証言だけの証拠は危険だって、痴漢免罪もそうだけど

女性の意見『だけ』を盲目的に支持する行為自体が女性は弱く守らなければいけないものという差別なんですけどね。それに性被害を訴えた場合『推定無罪』は完全に形骸化され男性側を犯人かのような報道を繰り返します。全ての人に生活があり人権があり守るべき人がいる。日本は大丈夫ですかね?

伊藤詩織は「名誉毀損罪」と「虚偽告訴罪」で刑事告訴されました。特に「虚偽告訴罪」は非常に立件が難しく、簡単には受理されません。しかしこれが受理されたのは警察が相応の証拠を掴んでいたという証左であり、更に書類送検されたのですから検察はもっと捜査を進めている筈です。

書類送検は相手の脚をポンと蹴って暴行で提訴されても送検される あんたの訴えは受理しましたよって意味だ 起訴するしないは検察の判断、起訴しても有罪にならなければなんの意味もない

推定無罪を主張すると予想しますが、山口氏も同じに扱って欲しい。

女性=可哀想→弱者は間違い。偏見

弱者の立場でもの言えば、最強だと思ってるんでしょうね。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします