【国内初】コロナワクチンの治験開始 来年春以降の実用化目指す

コロナワクチン、国内初の治験開始…来年春以降の実用化目指す

▼記事によると…

・世界的な競争となっている新型コロナウイルス感染症のワクチン開発で、医療新興企業アンジェス(大阪府茨木市)は30日、国の承認を得るために人へ投与して安全性や効果を確かめる治験を始めたと発表。

・国内でも製薬大手などが開発に乗り出しているが、治験まで進むのは初めて。大阪市立大病院で30人に接種する計画で、2021年春以降の実用化を目指す。

2020/06/30 15:29
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20200630-OYT1T50209/
>>『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

アンジェス


アンジェス株式会社は、遺伝子医薬の開発を行う日本のバイオ製薬企業。大阪大学医学部助教授の森下竜一による研究成果を基に、1999年12月発足。2002年9月に大学発創薬型バイオベンチャーとして初めて東証マザーズに上場。
代表者:山田 英(代表取締役 社長)
アンジェス - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

明るい話題の兆しになるといいな…

是非とも頑張って欲しい!政府は資金援助と大量生産の道筋を立てて欲しい。

全員接種、絶対はんたーい!!100%かからない100%副反応無しを約束されないと打っちゃダメ。ワクチンのせいで体動かなくなったら嫌だもんね。

期待やプレッシャーがある中で、大変だと思いますが、頑張ってください。応援しています。

安全な薬、ワクチン。早く出来ると良いですね。親戚に会いに行きたいし、旅行も行きたいし。もとの生活に戻りたい…

短所や副作用の部分も、きちんと報道してほしい。

無事治験成功をお祈りします。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認