先進国で日本のみ… 若年層の死因1位が「自殺」

若年層、死因1位が「自殺」 先進国で日本のみ…深刻な事態

▼記事によると…

・27日に政府が閣議決定した令和2年版自殺対策白書では、昨年の自殺者数は前年より671人少ない2万169人で、全世代的に減少する中、10代が唯一、前年より増加した。

15~39歳の各年代の死因は自殺が最も多く、先進国では日本だけにみられる事態として、厚生労働省は「国際的にも深刻な状況」と危機感を抱く。コロナ禍の今夏には中高生の自殺が増えており、心理的な孤立化を防ぐ取り組みが求められる。

2020.10.28
https://www.sankei.com/life/news/201028/lif2010280004-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

厚労省


厚生労働省は、日本の行政機関のひとつ。健康、医療、子ども、子育て、福祉、介護、雇用、労働、及び年金に関する行政並びに復員、戦没者遺族等の援護、旧陸軍・海軍の残務整理を所管する。日本語略称は厚労省。 2001年1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止、統合して誕生した。予算規模は中央省庁の中で最大である。
厚労省 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

ガンバレ若者。

まぁ未来に希望が持てないってのは大きいですね。なによりも若い層の将来の金銭的不安が大きすぎる。

そりゃ実力よりも年齢優先されたら生きる気力も失せる

コロナ自粛期間中は自殺率が下がったそうですね。会社や学校がストレスの源になってる事が分かったからリモート増やすとか対策取ってほしい

日本では若者が他の原因で亡くなりにくいということですよ。

みんな筋トレしよう!色々苦しいこともあるけれど…自分を可愛がってあげよう。スクワットしてベンチプレスやってあげれば身体はどんどん応えてくれる。脳内麻薬で心も整うよ。

自ら死を選ばない限り、若いうちには死なない社会…とも言えますよね。死者の総数が気になります。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認